アルバイト面接において服装と心得は採用に向けて大切なポイントです。採用面接当日に着ていく服装は何にすればいいのか?アルバイト面接で採用される心得とは?


アルバイト面接 服装と合格のコツ

アルバイト面接の服装とマナー

アルバイト面接前に迷うのが採用面接に着て行く服装のことです。 アルバイトの服装を考える時に一番大事なのは第一印象で好印象を与えることです。 すでに履歴書の書き方と写真であなたの第一印象は決まっています。 それが好印象であればいいのですが、そうでないこともあります。 そのために挽回のためにも面接時での第一印象を良くする必要があります。 採用面接時の第一印象を良くするポイントは髪型・服装などの外見と、はきはきとした態度の内面の両方です。 面接の第一印象は先ずは服装・髪型の外見がポイントです。 髪型は男性ならばすっきりとした短目、女性も長い場合は髪を結んでいくなどした方が無難と言えます。 そして服装はスーツなどをかしこまって着ていく必要はありませんが、私服でもTシャツにジーパンなどのラフな格好は控えてください。 白の襟付きシャツに紺や黒のパンツスタイルなどの派手でない落ち着いた雰囲気の服装を選ぶようにしてみましょう。 そして、面接官から質問をされると思いますが、その一つ一つをハッキリとゆっくりと大きな声で答えましょう。 そのハキハキとした返答が相手に好印象を与えます。 質問に対する答えの内容を気にするよりも、ハキハキと返答することに重点を置いた方が面接官に与える印象はよくなります。 面接官は質問に対して何を答えるかよりも、あなたがどのように答えるのかをチェックしています。

ライン画像

アルバイト面接合格の心得と質問

アルバイト面接の画像

先ほどアルバイト面接で好印象を与える方法として、ハキハキとゆっくりと大きな声で答えるということを挙げました。 面接官の質問に対して小さな声で話していては印象がよくありません。 そして、それは面接合格の心得にもつながってきます。 例えばコンビニやファーストフードんど飲食業・接客業のアルバイトの面接では、質問に対する一つ一つの答え方でお客様に対する応対心得ができるかどうかを見ています。 採用面接では質問に対して上手に答えることばかりを気にする人が多いですが、上手に答えるよりもハッキリと明るく答えることを心掛けましょう。 そしてアルバイトの採用面接で最も大切なのは志望動機です。 例えばコンビニのアルバイト面接では、どうしてそのコンビニで働きたいのかと必ず質問されます。 この質問に対しては「接客業がしたい」「コンビニで仕事がしたい」と前向きな答えを用意しておきましょう。 もちろんその理由も聞かれるので、前向きな理由を準備しておく必要があります。 また、面接官の記憶に残る方法としてh、自分から質問をどんどんとしていく方法があります。 そのアルバイトについて質問をするということは、働く意欲が見て取れます。 面接官は労働意欲の高い人を採用したいのは言うまでもありませんでの、面接時の質問をいくつか用意して面接に臨むようにしましょう。 これでアルバイト採用面接の心得は準備ができました。 合格目指して頑張りましょう!

ライン画像

アルバイトの面接前にお社会情勢もチェックして!